不景気.com > 国内リストラ > フレンドリーが希望退職者の募集による35名の人員削減へ

フレンドリーが希望退職者の募集による35名の人員削減へ

フレンドリーが希望退職者の募集による35名の人員削減へ

東証2部上場で飲食チェーンを展開する「フレンドリー」は、希望退職者の募集による35名の人員削減を明らかにしました。

対象となるのは本部所属の正社員および準社員で、退職日は10月初旬。退職者には特別加算金を別途支給するほか、希望者には再就職支援を実施する方針です。

不採算店舗の閉鎖やブランドの集約、返済猶予や債務の株式化による金融支援などで経営の安定化を目指しているものの、依然として厳しい状況が続いていることから、更なる合理化が必要と判断し今回の削減を決定したようです。

希望退職者の募集に関するお知らせ:フレンドリー

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事