不景気.com > 国内リストラ > CMKが希望退職者の募集で200名を削減、2工場を閉鎖

CMKが希望退職者の募集で200名を削減、2工場を閉鎖

CMKが希望退職者の募集で200名を削減、2工場を閉鎖

東証1部上場のプリント基板メーカー「日本シイエムケイ」は、希望退職者の募集による200名の人員削減を明らかにしました。

対象となるのは勤続3年以上かつ40歳以上の社員で、退職日は12月31日。退職者には特別退職金を別途支給するほか、希望者には再就職支援を実施する方針です。

また、国内生産拠点の再編として、2016年9月末をめどに群馬県内の「Gステイション工場」および「KIBANセンター工場」での生産を停止することも併せて明らかにしました。

主力製品のプリント配線板においては、顧客の海外生産シフトに伴い国内需要が減少しているほか、海外製品との価格競争の激化で厳しい環境が続いていることから、業績改善には抜本的な施策が必要と判断し今回の決定に至ったようです。

経営合理化に関するお知らせ:日本シイエムケイ

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事