不景気.com > 国内倒産 > 映画館「秋葉原オリエンタルコミックシアター」運営会社が破産

映画館「秋葉原オリエンタルコミックシアター」運営会社が破産

映画館「秋葉原オリエンタルコミックシアター」運営会社が破産

東京商工リサーチによると、東京都中央区に本拠を置く元映画館運営の「株式会社オーシーシー」は、9月9日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

2004年に「秋葉原オリエンタルコミックシアター有限会社」として設立の同社は、同年5月に世界初となるアニメ専門映画館「秋葉原オリエンタルコミックシアター」をオープン。同映画館は、地下鉄銀座線・末広町駅の近くに立地する座席数105席のミニシアターで、物珍しさもあり話題となっていました。

しかし、話題に反し客足が低迷したため、オープンからわずか6ヶ月で映画館の閉館を余儀なくされ、その後は現商号へ改称し遂に今回の措置となったようです。

負債総額は約4000万円の見通しです。

アニメ専門映画館、オーシーシーが破産開始決定 (東京商工リサーチ) Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事