不景気.com > 海外リストラ > JTが2016年末までにモスクワ工場を閉鎖、需要減で

JTが2016年末までにモスクワ工場を閉鎖、需要減で

JTが2016年末までにモスクワ工場を閉鎖、需要減で

東証1部上場の「日本たばこ産業」(JT)は、ロシアの製品供給体制の最適化として、2016年末までにモスクワ工場を閉鎖すると発表しました。

モスクワ工場は、「LD」「Troyka」などの銘柄を主力に年間約400億本の生産量を誇るものの、ロシアにおける経済環境の悪化や増税・規制強化により需要が大幅に減少しているため、生産体制の見直しによるコスト削減が必要と判断し今回の閉鎖を決定したようです。

なお、同工場の従業員573名については各種支援など適切な対応を行い、同工場の生産品についてはサンクトペテルブルク工場への生産移管により対応する予定です。

ロシアの製品供給体制の最適化について:JT

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事