不景気.com > 国内倒産 > 鹿児島のエビ養殖業「奄美クルマエビ」が民事再生法申請

鹿児島のエビ養殖業「奄美クルマエビ」が民事再生法申請

鹿児島のエビ養殖業「奄美クルマエビ」が民事再生法申請

鹿児島県奄美市に本拠を置く養殖業の「奄美クルマエビ株式会社」は、8月24日付で鹿児島地方裁判所名瀬支部へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1984年に設立の同社は、奄美大島の温暖な気候を活かしたクルマエビの養殖を手掛け、主に贈答向け活きクルマエビの販売を主力に事業を展開していました。

しかし、養魚価格相場の低迷に加え、設備の老朽化による採算性の悪化で債務超過に陥っていることから、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

なお、同社はすでに福証上場の飼料・製麺業「ヒガシマル」の子会社による全株式の取得を通じグループの傘下に入っており、今後はその支援を受け再建を目指す方針です。

負債総額は3億7900円です。

当社孫会社の民事再生手続開始申立てに関するお知らせ:ヒガシマル

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事