不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース7/26、倒産関連の話題が多い1週間

週刊不景気ニュース7/26、倒産関連の話題が多い1週間

週刊不景気ニュース7/26、倒産関連の話題が多い1週間

7月20日から26日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産関連の話題が多い1週間となりました。

破産開始決定により倒産したのは、群馬の内装工事「竜匠」、鹿児島の健康食品製造「奄美フルーツプランタン」、茨城の元プロバスケットボールチーム運営「いばらきスポーツアカデミー」、愛媛の建設業「ジョー・コーポレーション」、東京の不動産管理「ツカサマンスリーマンション」、東京のダミー制作「ファンクラフト」、東京のコンサルティング業「ソフトクリエイション」、東京の建材製造「サンエス」、神奈川の塗料販売「チャフウォールジャパン」となり、また、千葉のリチウムイオン電池用材料製造「M&Tオリビン」が特別清算の開始決定を受けました。

一方、製鉄世界大手の「タタ・スチール」がイギリスで720名の人員削減を実施するほか、「関門海」が壇之浦パーキングエリア商業施設の運営を終了し、建機販売の「ワキタ」がロシア事業から撤退すると発表しました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事