不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース7/19、倒産や事業撤退が多い

週刊不景気ニュース7/19、倒産や事業撤退が多い

週刊不景気ニュース7/19、倒産や事業撤退が多い

7月13日から19日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産や事業撤退の話題が多い1週間となりました。

破産申請により倒産したのは、大阪の内装工事「新栄工業」、山形の乾物製造「マルト乾物」、福岡の陶磁器販売「タカトー」、東京のアパレルメーカー「CAMBIARE GRUPPO」、東京のサイト運営「カフェグルーヴ」、北海道の建材製造「ティー・エム・ティー・シー」、広島の飲食業「ステディ」、大阪の機械装置製造「レミ」、東京のアウトドア用品製造「ダックス」となりました。

また、茨城の元ショッピングセンター運営「つくば管財」と、京都の元陶磁器販売「四条富小路」が特別清算を申請しました。

一方、アパレルメーカーの「TSIホールディングス」がキャス・キッドソン事業を終了し、覆面店舗調査の「メディアフラッグ」がストア事業を廃止、求人情報サイト運営の「リブセンス」がアメリカ子会社を解散、製造装置メーカーの「タツモ」が中国子会社を解散するとそれぞれ発表しました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事