不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース7/12、倒産や上場廃止が話題に

週刊不景気ニュース7/12、倒産や上場廃止が話題に

週刊不景気ニュース7/12、倒産や上場廃止が話題に

7月6日から12日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産や上場廃止、工場閉鎖などの話題が多い1週間となりました。

破産(準備含む)により倒産したのは、佐賀の建設業「江頭土木工業」、山形の食品卸「マルトダイ」、静岡の食品製造「白糸」、和歌山の工作機械製作「野口工機」、東京のシステム開発「OURSYS」、栃木の機械製造「ALIES」、東京のゴム加工「日本特材」、栃木の広告業「ナショナルコミュニケーション」、長野の電子部品製造「アイビーテクノクリエイション」、鹿児島の養殖業「太平水産」となり、また、東京の出版社「国土社」が民事再生法の適用を申請しました。

上場企業関連では、マザーズ上場の不動産業「メッツ」が上場廃止となり、eラーニングサービスの「システム・テクノロジー・アイ」が猶予期間入り銘柄に指定されました。

そのほか、イギリスの放送局「BBC」が1000名の人員削減、アメリカのソフトウェア大手「マイクロソフト」が7800名の人員削減をそれぞれ発表したほか、東京の洋書専門店「嶋田洋書」が閉店し、印刷業の「総合商研」が伊勢原第2工場を閉鎖、肌着メーカー・グンゼの子会社「倉吉グンゼ」が工場を閉鎖すると発表しました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事