不景気.com > 不景気ニュース > 6月の景気ウォッチャーは2ヶ月連続で悪化、家計が低迷

6月の景気ウォッチャーは2ヶ月連続で悪化、家計が低迷

6月の景気ウォッチャーは2ヶ月連続で悪化、家計が低迷

内閣府が発表した6月の「景気ウォッチャー調査」によると、3ヶ月前との比較で景気の現状を判断する景気現状判断指数は、前の月に比べ2.3ポイント低下の51.0となり、2ヶ月連続で悪化したことが明らかになりました。

製造業が好調だったことから企業動向関連指数は上昇したものの、物価上昇による家計の逼迫などから小売・飲食・住宅をはじめとする家計動向関連指数が大幅に低下したほか、雇用動向関連指数も低下しました。

また、2~3ヶ月先の景気の先行きを判断する指数は、前の月に比べ1.0ポイント低下の53.5となり、7ヶ月ぶりに悪化へ転じました。

平成27年6月調査結果(抜粋):景気ウォッチャー調査 - 内閣府

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事