不景気.com > 国内リストラ > TSIが「キャス・キッドソン」事業を終了、直営へ資産譲渡

TSIが「キャス・キッドソン」事業を終了、直営へ資産譲渡

TSIが「キャス・キッドソン」事業を終了、直営へ資産譲渡

東証1部上場のアパレルメーカー「TSIホールディングス」は、事業子会社の「サンエー・インターナショナル」が運営する「キャス・キッドソン」事業を8月31日付で終了すると発表しました。

同社では2010年からイギリスのブランド「キャス・キッドソン」の日本でのブランド展開を手掛けてきたものの、キャス・キッドソンのイギリス本社が100%出資する日本法人から事業継承の申し出があったため、同事業の運営を終了するとともに店舗や商品などの事業資産を譲渡する決定に至ったようです。

TSIホールディングスは、グループにおける事業整理の一環から、ブランドの廃止や子会社の解散などの合理化策を進めていました。

「キャス・キッドソン」事業の運営終了並びに事業資産の譲渡について:TSI

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事