不景気.com > 国内倒産 > 札幌の書店「久住書房」が破産開始決定受け倒産、負債5億円

札幌の書店「久住書房」が破産開始決定受け倒産、負債5億円

札幌の書店「久住書房」が破産開始決定受け倒産、負債5億円

北海道札幌市に本拠を置く書店経営の「株式会社久住書房」は、6月29日付で札幌地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1946年に創業の同社は、札幌市西区にて書店を経営するほか教科書の販売やブックカフェの経営を手掛け、活字離れが叫ばれるなか、「なぜだ!?売れない文庫フェア」などユニークな販促で注目を集めていました。

しかし、その後も続く活字離れやデジタル化の伸展で売上が悪化すると、クラウドファンディングによる資金調達も経営を改善させるには至らず、6月21日付で書店を閉店し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクおよび東京商工リサーチによると、負債総額は約5億円の見通しです。

「くすみ書房」が破産 (帝国データバンク) Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事