不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース6/7、倒産や閉店関連の話題多く

週刊不景気ニュース6/7、倒産や閉店関連の話題多く

週刊不景気ニュース6/7、倒産や閉店関連の話題多く

6月1日から7日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産や閉店関連の話題が多い1週間となりました。

破産(準備含む)により倒産したのは、東京のダイレクトメールサービス「ハイコス・メールサービス」、新潟の建設業「庭山組」、福島の玩具・雑貨販売「ティーダ」、愛知の建築業「ASS」、広島のジーンズメーカー「ブルーワークスカンパニー」、兵庫のアパレルメーカー「シー・エス・ピー」、島根の建築業「三木産業」、東京の航空機リース「SKYLUX5」、山梨の宝飾品卸「地中海ダイヤモンド」、東京の業務請負業「エス・ビー機工」、群馬のペットフード販売「シダ」、大阪の修繕工事「シギ」、福岡の温浴施設運営「飯栄」となり、また、北海道の回転寿司店経営「とっぴい」が民事再生法の適用を申請したほか、兵庫のレジャー施設運営「日建」が特別清算の開始決定を受けました。

一方、施設閉鎖や事業撤退・人員削減などでは、東京の大型書店「リブロ池袋本店」が閉店し、宮城の遊園地「仙台ハイランド遊園地」が閉園、「神奈川大学」が法科大学院の学生募集を停止、創薬ベンチャーの「ラクオリア創薬」が希望退職者の募集による人員削減の実施を発表しました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事