不景気.com > 国内倒産 > アミューズメント施設運営「ザ・サードプラネット」が再生法申請

アミューズメント施設運営「ザ・サードプラネット」が再生法申請

アミューズメント施設運営「ザ・サードプラネット」が再生法申請

神奈川県横浜市に本拠を置くアミューズメント施設運営の「株式会社ザ・サードプラネット」は、6月29日付で東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1983年に創業の同社は、ゲームセンターなどアミューズメント施設「THE 3RD PLANET」の直営展開およびフランチャイズ展開を手掛け、創業の地となる静岡県内を中心に北は仙台、南は鹿児島まで店舗網を拡大していました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みに加え、スマホゲームや家庭用ゲーム機などゲーム市場の多様化で客足が減少したため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクおよび東京商工リサーチによると、負債総額は約60億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事