不景気.com > 国内倒産 > 香川の「高松市有線放送電話協会」が破産、電柱撤去できず

香川の「高松市有線放送電話協会」が破産、電柱撤去できず

香川の「高松市有線放送電話協会」が破産、電柱撤去できず

香川県高松市に本拠を置く有線放送の「一般社団法人高松市有線放送電話協会」は、6月1日付で高松地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1958年に「社団法人高松市西部有線放送電話協会」として設立、翌年に現名称へ変更すると、高松市内にて有線放送および有線電話事業を手掛けていたものの、通信手段の多様化などから契約数が減少したため、今年の3月31日をもって業務を終了していました。

一方、同社が敷設した電柱や有線ケーブルがそのままの状態となっており、高松市は台風や地震による倒壊のおそれがあるとして同協会に対し撤去を要請したものの、撤去費用が捻出できないこともあり法的整理の申請に至ったようです。

負債総額は約2億7000万円の見通しです。

高松の有線放送が破産手続き...費用なく電柱放置:読売新聞(YOMIURI ONLINE)

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事