不景気.com > 国内倒産 > パッチワーク専門出版社「パッチワーク通信社」が事業停止

パッチワーク専門出版社「パッチワーク通信社」が事業停止

パッチワーク専門出版社「パッチワーク通信社」が事業停止

東京都文京区に本拠を置く出版社の「株式会社パッチワーク通信社」は、6月10日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任したことが明らかになりました。

1975年に設立の同社は、「パッチワーク通信」「パッチワーク倶楽部」「パッチワーク教室」などパッチワーク・キルト専門誌の出版を主力に事業を展開するほか、キルト展・セミナー・講習会の主催や通信教育講座の運営などを手掛けていました。

しかし、デジタル化の伸展に伴う紙媒体の需要減少などから発行部数が大きく落ち込んだことに加え、返本率の高まりも重なり資金繰りが逼迫したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクおよび東京商工リサーチによると負債総額は約8億円の見通しで、事務所に貼り出された文書によると破産申請の準備に入ったとのことです。

パッチワーク通信社が事務所閉鎖 (帝国データバンク) - Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事