不景気.com > 海外倒産 > 米レアアース生産会社「モリコープ」が破産法第11章を申請

米レアアース生産会社「モリコープ」が破産法第11章を申請

米レアアース生産会社「モリコープ」が破産法第11章を申請

ニューヨーク証券取引所上場でアメリカのコロラド州に本拠を置くレアアース生産会社の「モリコープ」は、6月26日付でデラウェア州連邦破産裁判所へ破産法第11章(日本の民事再生法に相当)を申請したことが明らかになりました。

2010年に設立の同社は、カリフォルニア州マウンテンパスにあるレアアース鉱山においてレアアースおよびレアメタルの生産を主力に事業を展開し、世界11カ国の事業拠点と従業員数2600人超の規模を誇る世界有数のレアアース生産会社として知られていました。

しかし、中国におけるレアアース輸出規制の緩和でレアアース価格が大幅に下落すると、積極的な設備投資が裏目となり資金繰りが逼迫したため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約17億ドル(約2100億円)です。

Signs Restructuring Support Agreement with Key Creditors | Molycorp

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事