不景気.com > 企業不況 > 「石山GatewayHolodings」が8月1日付で上場廃止、偽計で

「石山GatewayHolodings」が8月1日付で上場廃止、偽計で

「石山GatewayHolodings」が8月1日付で上場廃止、偽計で

東京証券取引所は、ジャスダック上場の「石山 Gateway Holdings」を、8月1日付で上場廃止にすると発表しました。

これは、元代表取締役および元連結子会社代表取締役が、金融商品取引法違反(偽計)の嫌疑で証券取引等監視委員会から告発され、東京地検検察庁から起訴されたための措置で、市場の秩序を維持するためには上場廃止が必要と判断し今回の決定となりました。

この件に関しては、同社および連結子会社がバイオディーゼル発電機の販売設置をした事実がないにもかかわらず、売上高や利益の拡大が見込めるとして業績予想を上方修正する虚偽記載を会社行為として行い、また、株価の上昇後に元代表らが保有する株式を売却した事実が明らかになっていました。

今後、同社株式は6月30日から7月31日まで整理銘柄へ指定された後、8月1日付で上場廃止になります。

上場廃止等の決定 石山Gateway Holdings | 日本取引所グループ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事