不景気.com > 企業不況 > 石井工作研究所を猶予期間入り銘柄に指定、4期連続赤字で

石井工作研究所を猶予期間入り銘柄に指定、4期連続赤字で

石井工作研究所を猶予期間入り銘柄に指定、4期連続赤字で

東京証券取引所は、ジャスダック上場の半導体製造装置メーカー「石井工作研究所」を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。

これは、同社が2012年3月期から2015年3月期まで4期連続で営業赤字および営業キャッシュフローがマイナスに陥ったための措置で、猶予期間となる2016年3月31日までに当該状況を解消できない場合は上場廃止となります。

同社によると、半導体不況のなか業界の変化への対応が遅れたことが大きな要因で、今後は工場集約や原価低減など積極的な構造改革を進めることで黒字転換を目指すとのことです。

上場廃止に係る猶予期間入り 石井工作研究所 | 日本取引所グループ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事