不景気.com > 国内倒産 > 福岡・飯塚の温浴施設「筑豊の湯」運営会社が破産申請へ

福岡・飯塚の温浴施設「筑豊の湯」運営会社が破産申請へ

福岡・飯塚の温浴施設「筑豊の湯」運営会社が破産申請へ

福岡県飯塚市に本拠を置く温浴施設運営の「株式会社飯栄」は、事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

2011年に設立の同社は、同年10月に温浴施設「筑豊の湯」を改装オープンし、家族風呂12室を含む天然温泉の温浴施設として地元の人々に親しまれてきました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みで客足が伸び悩むと、改修工事などに伴う多額の借入金が資金繰りを逼迫したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約2億円の見通しです。

自己破産:飯塚市の「筑豊の湯」運営会社、申請へ - 毎日新聞

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事