不景気.com > 企業不況 > 大東紡が子会社「ロッキンガムペンタ」を解散・特別清算

大東紡が子会社「ロッキンガムペンタ」を解散・特別清算

大東紡が子会社「ロッキンガムペンタ」を解散・特別清算

東証・名証1部上場の繊維業「大東紡織」は、100%出資子会社の「ロッキンガムペンタ」(東京都中央区)を解散および特別清算すると発表しました。

1974年に設立の同子会社は、百貨店や専門店など取引先としてメンズスーツの製造・販売を主力に事業を展開していました。

しかし、クールビズの定着や少子高齢化などから百貨店部門を中心に売上が減少し、その後は不採算店舗の閉鎖や人員削減などにより生き残りを目指したものの、3期連続で営業赤字を計上するなど業績回復は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

今後は、7月31日付で同子会社にて解散を決議し、2016年3月下旬をめどに特別清算が結了する予定です。

子会社の解散および特別清算に関するお知らせ:大東紡織

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事