不景気.com > 赤字決算 > ベネッセの15年3月期は純損益107億円の赤字、情報漏えいで

ベネッセの15年3月期は純損益107億円の赤字、情報漏えいで

ベネッセの15年3月期は純損益107億円の赤字、情報漏えいで

東証1部上場で通信教育大手の「ベネッセホールディングス」は、2015年3月期決算短信を発表し、当期純損益が107億500万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2015年3月期通期連結業績:ベネッセホールディングス

売上高営業損益純損益
15年3月期 4632億6400万円 292億2700万円 △107億500万円
前期実績 4663億9900万円 358億3000万円 199億3000万円
次期予想 4592億円 135億円 38億円

主力の通信教育講座における延べ在籍数の減少で売上高は前期がら減収となったことに加え、顧客情報の漏えいに伴う情報セキュリティ対策費として260億3900万円の特別損失を計上したことから、純損益は大幅な赤字転落となりました。

2015年3月期決算短信:ベネッセホールディングス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事