不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース4/26、赤字発表が多い1週間

週刊不景気ニュース4/26、赤字発表が多い1週間

週刊不景気ニュース4/26、赤字発表が多い1週間

4月20日から26日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。赤字業績の発表が多い1週間となりました。

破産(準備含む)により倒産したのは、神奈川の各種機械製造「ジャポー」、大阪のシステム開発「クワニー」、大阪のウェブサイト制作「カドフサ」、大阪の訪問販売「あおぞら」となり、東京のアパレルメーカー「アートヴィレッヂ」が民事再生法の適用を申請しました。

一方、「旭化成ファーマ」が流動食事業から撤退し、重機大手の「三菱重工業」が金沢工場を閉鎖、出版社「KADOKAWA」の早期退職に232名が応募したとそれぞれ発表しました。

そのほか、赤字業績を発表したのは、スーパーマーケット経営の「関西スーパーマーケット」、日本料理チェーンの「木曽路」、石油精製・販売大手の「出光興産」、ロボットスーツ開発の「サイバーダイン」、債権回収の「MAGねっとホールディングス」、消費者金融大手の「アイフル」、ゴム・樹脂メーカーの「住友理工」、ファーストフードチェーンの「日本KFCホールディングス」などとなりました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事