不景気.com > 海外リストラ > フリークアウトが米広告子会社の事業を休止、業績低迷で

フリークアウトが米広告子会社の事業を休止、業績低迷で

フリークアウトが米広告子会社の事業を休止、業績低迷で

東証マザーズ上場の広告業「フリークアウト」は、4月30日をもってアメリカの連結子会社「FREAKOUT INTERNATIONAL」の事業を休止すると発表しました。

2012年に設立の同子会社は、アメリカにおけるインターネット広告の拡大を見込み事業を展開してきたものの、赤字に陥るなど業績が悪化しているほか、今後の収益拡大も困難と判断し今回の決定に至ったようです。

なお、同子会社における人員や資産についての対応は現在検討中とのことです。

子会社の事業休止に関するお知らせ:フリークアウト

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事