不景気.com > 赤字決算 > ゼンショーの15年3月期は102億円の赤字へ、譲渡損146億円

ゼンショーの15年3月期は102億円の赤字へ、譲渡損146億円

ゼンショーの15年3月期は102億円の赤字へ、譲渡損146億円

東証1部上場で「すき家」「なか卯」「ココス」などの飲食チェーンを経営する「ゼンショーホールディングス」は、2015年3月期通期連結業績予想を修正し、当期純損益が102億9000万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2015年3月期通期連結業績予想:ゼンショーホールディングス

売上高営業損益純損益
前回予想 5092億9100万円 △17億7400万円 △75億3400万円
今回予想 5113億600万円 26億6500万円 △102億9000万円
前期実績 4683億7700万円 81億3400万円 11億300万円

牛丼チェーンの「すき家」において、深夜時間帯休止店舗の営業再開が想定を上回るペースで進んでいるため、売上高および営業損益は前回予想を上回ると見込むものの、連結子会社が所有する株式の売却に伴い146億円の特別損失を計上することから、純損益は前回予想を下回る見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:ゼンショーホールディングス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事