不景気.com > 国内リストラ > 新日鐵住金が小倉の第2高炉を2018年度末で休止

新日鐵住金が小倉の第2高炉を2018年度末で休止

新日鐵住金が小倉の第2高炉を2018年度末で休止

鉄鋼大手の「新日鐵住金」は、2018年度末をめどに八幡製鉄所・小倉地区(福岡県北九州市)の第2高炉を休止すると発表しました。

合併により旧・住友金属工業の小倉製鉄所が八幡製鉄所・小倉地区として稼働を続けているものの、国内需要が縮小するなか生産の効率化が急務と判断、同製鉄所の戸畑地区へ高炉を集約する決定に至ったようです。

同社では、既に発表している君津製鉄所・第3高炉(千葉県君津市)の休止についても、計画通り2015年度末をめどに実行するとのことです。

中期経営計画について:新日鐵住金

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事