不景気.com > 赤字決算 > 近鉄百貨店の15年2月期は純損益20億円の赤字転落へ

近鉄百貨店の15年2月期は純損益20億円の赤字転落へ

近鉄百貨店の15年2月期は純損益20億円の赤字転落へ

東証1部上場の百貨店「近鉄百貨店」は、2015年2月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が20億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2015年2月期通期連結業績予想:近鉄百貨店

売上高営業損益純損益
前回予想 2870億円 41億円 10億円
今回予想 2800億円 38億円 △20億円
前期実績 2770億6600万円 30億8800万円 9億6900万円

売上高が想定を下回ったことに加え、和歌山店の店舗資産および奈良県の土地建物について固定資産の減損損失として27億3100万円の特別損失を計上するほか、繰延税金資産の取り崩しとして13億2400万円の法人税等調整額を計上するため、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:近鉄百貨店

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事