不景気.com > 国内倒産 > 大阪・和泉の米穀販売「イオンライス」が破産、産地偽装米で

大阪・和泉の米穀販売「イオンライス」が破産、産地偽装米で

大阪・和泉の米穀販売「イオンライス」が破産、産地偽装米で

官報によると、大阪府和泉市に本拠を置いていた米穀販売の「株式会社イオンライス」は、3月5日付で大阪地方裁判所堺支部より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

同社はスーパーなどを取引先としてイオン米の販売を主力に事業を展開していたものの、2014年9月に安価な中国産米を混ぜた商品を国内産10割と偽って販売したとして、元代表らが不正競争防止法違反の容疑で逮捕される事態となり、偽装は18年前から行われていたなど信用が大きく失墜したことで事業継続を断念していました。

また、所在地などを同じくする「株式会社南海米穀」「株式会社RRS」「株式会社上越屋」にも同様の措置が取られ、事件番号は平成27年(フ)第130号、財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は6月8日までです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事