不景気.com > 国内倒産 > 韓流DVD制作「エプコット」が自己破産申請し倒産、負債20億円

韓流DVD制作「エプコット」が自己破産申請し倒産、負債20億円

韓流DVD制作「エプコット」が自己破産申請し倒産、負債20億円

東京都渋谷区に本拠を置くDVD制作の「株式会社エプコット」は、3月2日付で東京地方裁判所へ自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

1985年に設立の同社は、主に韓国や中国の映画・ドキュメンタリー・テレビドラマを中心として、その輸入映像権のDVD化を主力に事業を展開し、「金よ出てこい☆コンコン」「あなたしか愛せない」など韓流の人気映像作品を手掛けていました。

しかし、日韓関係の悪化や韓流ブームの終焉に伴い売上が減少すると、その後はヒット作にも恵まれなかったことで資金繰りが逼迫したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクおよび東京商工リサーチによると、負債総額は約20億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事