不景気.com > 企業不況 > 江守グループHDが疑義注記、234億円の債務超過

江守グループHDが疑義注記、234億円の債務超過

江守グループHDが疑義注記、234億円の債務超過

東証1部上場の化学薬品商社「江守グループホールディングス」は、2015年3月期第3四半期決算短信および四半期報告書において「継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるような状況が存在している」との注記を加えると発表しました。

同社は、中国企業に対する金属資源などの販売に伴い、売掛金の入金が遅延していることなどから大幅な貸倒引当金繰入額の計上を余儀なくされ、結果として第3四半期末時点で234億2400万円の債務超過に陥りました。

また、借入金の残高水準が高いことや、財務状況の悪化に伴い連結子会社における取引金融機関との借入契約に関する財務制限条項に接触する可能性があるため、今回の疑義注記に至ったようです。

継続企業の前提に関する事項の注記にに関するお知らせ:江守グループHD

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事