不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース3/22、倒産や赤字業績の発表が相次ぐ

週刊不景気ニュース3/22、倒産や赤字業績の発表が相次ぐ

週刊不景気ニュース3/22、倒産や赤字業績の発表が相次ぐ

3月16日から22日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産や赤字業績の発表が相次いだ1週間となりました。

破産により倒産したのは、三重の情報誌発行「オフィス・グリーン」、大阪の米穀販売「イオンライス」、神奈川の建築業「コバヤシ・ファシリティーズ」、福井の日本酒製造「寿喜娘酒造」、東京の機械装置製造「サンテック」、岡山の衣料品製造「麻原産業商会」、東京のパソコンショップ経営「ニッシンパル」、山形の商業ビル経営「山形中央開発」、福島のゴルフ場運営「福郷」、兵庫のスポーツ用品販売「リージェント・ファーイースト」、茨城の飲食店経営「エーファミリー」となり、また、北海道のホテル経営「カネトモ」が民事再生法の適用を申請しました。

一方、真空関連装置メーカーの「昭和真空」と建設業の「奥村組」が保有する債権について取立不能のおそれを表明しました。

そのほか、赤字業績を発表したのは、ソフトウェア開発の「ACCESS」、歯車製造の「ニッセイ」、婦人服販売の「パレモ」、飲食チェーン経営の「ゼンショーホールディングス」、スーパーマーケットの「マックスバリュ東北」となりました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事