不景気.com > 国内倒産 > 芸能事務所「イエローキャブ」が自己破産申請へ、負債4億円

芸能事務所「イエローキャブ」が自己破産申請へ、負債4億円

芸能事務所「イエローキャブ」が自己破産申請へ、負債4億円

東京都港区に本拠を置く芸能プロダクション経営の「株式会社イエローキャブ」は、1月31日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1980年に創業の同社は、著名女性タレントを多く抱える大手芸能プロダクションとして知られ、堀江しのぶ・かとうれいこ・細川ふみえ・雛形あきこ・佐藤江梨子・小池栄子などが所属したほか、長く社長を務めた野田義治氏が度々メディアに登場するなど知名度を高めていました。

しかし、内部の争いなどから2004年11月に野田氏が退任すると、所属タレントの移籍が相次いだことで業績が悪化し、今年1月末には主力タレントだった佐藤江梨子・小池栄子の契約が満了となったため今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクおよび東京商工リサーチによると、負債総額は約4億円の見通しです。

芸能プロダクション、イエローキャブが破産申請へ (帝国データバンク) Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事