不景気.com > 赤字決算 > タカタの15年3月期は310億円の赤字へ、エアバッグ不具合拡大

タカタの15年3月期は310億円の赤字へ、エアバッグ不具合拡大

タカタの15年3月期は310億円の赤字へ、エアバッグ不具合拡大

東証1部上場でエアバッグ・チャイルドシート・シートベルトなど自動車用安全部品製造の「タカタ」は、2015年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が310億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2015年3月期通期連結業績予想:タカタ

売上高営業損益純損益
前回予想 6000億円 280億円 △250億円
今回予想 6200億円 280億円 △310億円
前期実績 5569億9800万円 262億7500万円 111億4400万円

売上高は前回予想を上回ると見込むものの、一連のエアバッグ不具合問題に伴い自動車メーカーのリコールが相次いでいることから、製品保証引当金繰入額を追加計上するため純損益は前回予想を下回る見通しとなりました。

平成27年3月期 第3四半期決算説明資料:タカタ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事