不景気.com > 海外リストラ > 独大手企業「シーメンス」が7800名の人員削減へ

独大手企業「シーメンス」が7800名の人員削減へ

独大手企業「シーメンス」が7800名の人員削減へ

ドイツに本拠を置く工業系製品製造の世界大手「シーメンス」は、全従業員の約2%に相当する7800名の人員削減を明らかにしました。

昨年6月に明らかとなったリストラ策の一環として実施され、対象となるのは事業部門の統廃合など組織のスリム化により余剰となる人員で、全削減数のうち3300名はドイツ国内での削減になる予定です。

鉄道車両や情報通信機器など多様な工業機器の製造を行う一方、組織の肥大化で非効率な運営となっているため、現在の16部門から9部門への統廃合を進め、約10億ユーロ(約1343億円)のコスト削減を目指す方針です。

Siemens drives structural optimization and growth orientation- Siemens

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事