不景気.com > 赤字決算 > マクドナルドの14年12月期は純損益218億円の赤字転落

マクドナルドの14年12月期は純損益218億円の赤字転落

マクドナルドの14年12月期は純損益218億円の赤字転落

ジャスダック上場でファーストフード最大手の「日本マクドナルドホールディングス」は、2014年12月期決算短信を発表し、当期純損益が218億4300万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2014年12月期通期連結業績:日本マクドナルドホールディングス

売上高営業損益純損益
14年12月期 2223億1900万円 △67億1400万円 △218億4300万円
前期実績 2604億4100万円 115億4200万円 51億3800万円
次期予想 未定 未定 未定

チキンの仕入先となる中国の食品会社「上海福喜食品」において期限切れチキンを使用するなどの問題が明るみに出たことで顧客の信用を大きく毀損したほか、年末にはアメリカ西海岸港湾労使交渉の長期化に伴うマックフライポテトM・Lサイズの一時販売休止も影響したため、売上高は前期を大幅に下回り、営業損益・純損益ともに赤字転落となりました。

2014年12月期決算短信:日本マクドナルドホールディングス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事