不景気.com > 国内倒産 > テーマパーク運営「蒲郡海洋開発」が特別清算、負債313億円

テーマパーク運営「蒲郡海洋開発」が特別清算、負債313億円

テーマパーク運営「蒲郡海洋開発」が特別清算、負債313億円

愛知県蒲郡市に本拠を置くテーマパーク運営の「蒲郡海洋開発株式会社」は、2月18日付で名古屋地方裁判所豊橋支部より特別清算の開始決定を受けたことが明らかになりました。

同社は1991年に愛知県・蒲郡市・トヨタ自動車などが出資し設立された第三セクターで、一大リゾート施設「ラグーナ蒲郡」においてテーマパーク「ラグナシア」の運営やマリーナ施設・ショッピングモールの運営を手掛けていました。

しかし、開場当初から来場客が低迷したことで多額の負債を抱えるなど事業継続が困難となったため、2014年8月にはテーマパークなどの事業を旅行会社の「HIS」が新設した「ラグーナテンボス」へ譲渡し、残ったマリーナ施設についても別会社へ譲渡、今年1月には解散を決議し事後処理を進めていました。

負債総額は約313億9000万円の見通しです。

蒲郡海洋開発、特別清算開始決定を受ける (帝国データバンク) Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事