不景気.com > 企業不況 > ダイニックが子会社「台湾クロス」を解散、債権2億円を放棄

ダイニックが子会社「台湾クロス」を解散、債権2億円を放棄

ダイニックが子会社「台湾クロス」を解散、債権2億円を放棄

東証1部上場で書籍クロスなど製造の「ダイニック」は、100%出資子会社の「台湾クロス」を解散し、同子会社に対する貸付債権の約2億円を放棄すると発表しました。

ダイニックグループ初の海外法人として1967年に設立の同子会社は、書籍クロスをはじめとする各種クロスや布製表示ラベルなどの製造販売を手掛けていました。

しかし、中国企業との価格競争の激化で業績が悪化したため、2014年8月をもって生産活動を停止し、販売事業に注力することで収益改善を目指したものの、その後も厳しい環境が続いていることから今回の決定に至ったようです。

今後は3月から解散手続に入り、12月末までに清算が結了する予定です。

子会社の解散および債権放棄に関するお知らせ:ダイニック

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事