不景気.com > 国内倒産 > 青森の家具店「千葉室内」が破産決定受け倒産、負債17億円

青森の家具店「千葉室内」が破産決定受け倒産、負債17億円

青森の家具店「千葉室内」が破産決定受け倒産、負債17億円

青森県青森市に本拠を置く家具販売の「株式会社千葉室内」は、2月5日付で青森地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1936年に創業、1955年に法人化した同社は、青森県庁の近くに店舗を構え家具および室内装飾品の販売を主力に事業を展開し、本店のほか八戸市・弘前市にも店舗を開設するなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による住宅着工戸数の減少などから売上が落ち込むと、大手量販店との競争激化も重なり業績が悪化したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約17億6000万円の見通しです。

青森市の老舗家具店「千葉室内」が自己破産 - 産経ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事