不景気.com > 赤字決算 > 旭松食品の15年3月期は営業損益2億円の赤字へ、転嫁影響

旭松食品の15年3月期は営業損益2億円の赤字へ、転嫁影響

旭松食品の15年3月期は営業損益2億円の赤字へ、転嫁影響

東証2部上場で高野豆腐や即席味噌汁などを製造する「旭松食品」は、2015年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期営業損益が2億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2015年3月期通期連結業績予想:旭松食品

売上高営業損益純損益
前回予想 100億円 4000万円 4000万円
今回予想 94億5000万円 △2億円 △1億4000万円
前期実績 100億8500万円 △2億6200万円 △10億2700万円

円安や原材料価格の高騰を理由に販売価格への転嫁を実施したものの、予想を超える売上の減少となったほか原価率の増加も重なったため、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:旭松食品

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事