不景気.com > 国内倒産 > 岡山の温泉旅館「湯郷グランドホテル」が民事再生法申請

岡山の温泉旅館「湯郷グランドホテル」が民事再生法申請

岡山の温泉旅館「湯郷グランドホテル」が民事再生法申請

岡山県美作市に本拠を置く温泉旅館経営の「株式会社湯郷グランドホテル」は、1月20日付で岡山地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

2009年に設立の同社は、前身となる企業から美作湯郷温泉の旅館「湯郷グランドホテル」の経営を引き継ぎ、同旅館は客室数76室・収容人数309名の温泉旅館で、露天風呂や岩盤浴のほか宴会場・結婚式場も併設していました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みや宿泊単価の下落から業績が悪化すると、多額の借入金が資金繰りを逼迫したため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

信用調査会社の東京経済によると負債総額は約14億5000万円の見通しで、今後は企業再生ファンドから支援を受け再建を目指す方針です。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事