不景気.com > 企業不況 > ヴォルフガングが継続企業の前提に関する重要な疑義注記

ヴォルフガングが継続企業の前提に関する重要な疑義注記

ヴォルフガングが継続企業の前提に関する重要な疑義注記

グリーンシート銘柄のスマートフォンアプリ制作業「ヴォルフガング」は、2014年9月期決算短信において「継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるような状況が存在している」との注記を加えると発表しました。

2014年2月にリリースしたスマートフォン向けソーシャルゲームの開発・運営費や販促費が嵩んだことで当期営業損失を計上したほか、営業キャッシュフローもマイナスに陥るなど業績が悪化していることから今回の注記に至ったようです。

そのため、同社では人件費を含む固定費の大幅削減やアプリ事業の戦略変更、資金調達および受託業務の強化などの施策を実施し業績回復を目指すとのことです。

継続企業の前提に関する事項の注記についてのお知らせ:ヴォルフガング

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事