不景気.com > 不景気ニュース > 映画館「新宿ミラノ座」が12月31日で閉館、58年の歴史に幕

映画館「新宿ミラノ座」が12月31日で閉館、58年の歴史に幕

映画館「新宿ミラノ座」が12月31日で閉館、58年の歴史に幕

東証2部上場の「東急レクリエーション」は、東京・新宿にある映画館「新宿ミラノ座」などを2014年12月31日で閉館しました。

1956年に開業の新宿ミラノ座は、開業当時1500席(閉鎖時:1064席)を誇る日本最大級の映画館として知られ、「新宿ミラノ2」(683席)や1971年に開業の「新宿ミラノ3」(214席)、1981年に開業の「シネマスクエアとうきゅう」(224席)とともに多くの映画ファンに親しまれてきました。

しかし、娯楽の多様化や競争激化などから来客数が減少したほか、施設の老朽化も重なったため、営業継続は困難と判断し今回の閉鎖となりました。

TOKYU MILANO(新宿東急文化会館)閉館に関するお知らせ

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事