不景気.com > 国内倒産 > 仙台の家電輸入販売「REAL LIFE JAPAN」が自己破産申請へ

仙台の家電輸入販売「REAL LIFE JAPAN」が自己破産申請へ

仙台の家電輸入販売「REAL LIFE JAPAN」が自己破産申請へ

宮城県仙台市に本拠を置く家電輸入販売の「株式会社REAL LIFE JAPAN」(リアル・ライフ・ジャパン)は、1月26日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

2004年に設立の同社は、大手家電量販店や通販会社などを取引先にDVDプレーヤーや液晶テレビなど家電の輸入・卸販売を主力に事業を展開し、中国にグループ会社や多数の提携工場を持つほか、福岡・東京・大阪に拠点を開設するなど事業を拡大していました。

しかし、競争激化に伴う商品単価の下落に加え、円安による為替差損の発生で資金繰りが逼迫したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると、負債総額は約30億8000万円の見通しです。

家電輸入販売業者、円安の影響で倒産 (帝国データバンク) Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事