不景気.com > 赤字決算 > マクドナルドの12月売上高は21.3%減、ポテト販売休止響く

マクドナルドの12月売上高は21.3%減、ポテト販売休止響く

マクドナルドの12月売上高は21.3%減、ポテト販売休止響く

ジャスダック上場でファーストフード国内最大手の「日本マクドナルドホールディングス」は、2014年12月の売上高が前年同月比で21.3%減少したと発表しました。

また、同月の既存店売上高は前年同月比で21.2%の減少、客数は同14.2%の減少となり、売上高・既存店売上高ともに11ヶ月連続で、客数は20ヶ月連続での減少となりました。

売上高が20%以上の減少を記録するのは期限切れチキン問題が影響した2014年8月以来のことで、アメリカ西海岸港湾労使交渉の長期化に伴うマックフライポテトM・Lサイズの一時販売休止が影響した格好となりました。一方、年明けから問題が明るみに出ている異物混入の影響も懸念されることから、1月の統計が注目されます。

月次セールスリポート:McDonald's Holdings Japan

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事