不景気.com > 企業不況 > 京王ズを監理銘柄(審査中)に指定、特設注意銘柄3年で

京王ズを監理銘柄(審査中)に指定、特設注意銘柄3年で

京王ズを監理銘柄(審査中)に指定、特設注意銘柄3年で

東京証券取引所は、マザーズ上場の携帯電話販売業「京王ズホールディングス」を、1月18日付で監理銘柄(審査中)に指定すると発表しました。

これは、特設注意市場銘柄への指定から3年を経過したものの、引き続き内部管理体制などに問題がある可能性が存在するための措置で、今後の審査の如何によっては上場廃止基準に該当するおそれがあることから今回の指定となりました。

同社は、元社長への不正な資金流出や販売奨励金による売上高の過大計上を行っていたことなどから、2012年1月18日付で特設注意市場銘柄に指定されたものの、同社から提出予定の内部管理体制確認書の内容を確認した結果、引き続き問題がある可能性が存在すると判断したようです。

東証 : 監理銘柄(審査中)の指定について-(株)京王ズホールディングス-

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事