不景気.com > 買収合併 > 三井住友銀行がシティバンクの個人部門を買収、顧客74万人

三井住友銀行がシティバンクの個人部門を買収、顧客74万人

三井住友銀行がシティバンクの個人部門を買収、顧客74万人

「三井住友銀行」は、アメリカの金融大手「シティグループ」から日本国内における個人向け銀行部門を買収すると発表しました。

三井住友銀行の完全子会社「SMBC信託銀行」がシティグループの完全子会社「シティバンク銀行」からリテールバンク(個人向け銀行)部門を取得することで合意しており、当該部門の預金残高は2兆4400億円、顧客数は約74万人、従業員数は1600名、店舗数は32店舗となります。

シティグループは、小規模のため不採算となっている個人向け銀行部門を売却すべく国内の金融機関数社に打診していた一方、三井住友銀行はシティバンク銀行の持つ富裕層を中心とする顧客へのビジネス拡大を目的として今回の買収を決定したようです。

シティバンク銀行のリテールバンク事業取得について:三井住友FG

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事