不景気.com > 国内倒産 > 宮城の野菜工場「さんいちファーム」が自己破産申請し倒産へ

宮城の野菜工場「さんいちファーム」が自己破産申請し倒産へ

宮城の野菜工場「さんいちファーム」が自己破産申請し倒産へ

宮城県名取市に本拠を置く野菜生産・販売の「株式会社さんいちファーム」は、12月1日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

2011年11月に設立の同社は、約600坪の野菜工場を3棟構え、レタスなど水耕栽培による野菜の生産・販売を手掛け、東日本大震災により津波被害を受けた水田を野菜工場へ転換する復興モデルとして国や県から補助金を受け事業を展開していました。

しかし、生産が安定せず売上が伸び悩んだことから業績が悪化、資金繰りが行き詰まり今後の収益改善も困難と判断し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると、負債総額は約1億2000万円の見通しです。

津波被害水田に野菜工場、生産会社が自己破産へ : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事