不景気.com > 不景気ニュース > プリペイド乗車カード「パスネット」が来年3月末でサービス終了

プリペイド乗車カード「パスネット」が来年3月末でサービス終了

プリペイド乗車カード「パスネット」が来年3月末でサービス終了

関東の私鉄など22社で構成する「パスネット協議会」は、2015年3月31日の終電をもってプリペイド式の共通乗車カード「パスネット」のサービスを終了すると発表しました。

2000年10月に発売されたパスネットは、自動改札機に投入することで入出場や乗り継ぎが可能な乗車カードで、関東の私鉄や地下鉄など22社・局を対象として広く利用されてきました。

しかし、2007年3月にサービスを開始したIC乗車カード「PASMO」の普及に伴い利用者が減少すると、2008年にはパスネットの販売終了および自動改札機での使用を終了し、その後は自動発券機での切符購入などに限り利用可能となっていたものの、PASMOへの移行が進んでいるとして今回のサービス終了となったようです。

パスネットの使用終了と残額の払い戻しについて:京急電鉄

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事