不景気.com > 企業不況 > 日本テレホンが取立不能のおそれ、香港取引先の契約不履行で

日本テレホンが取立不能のおそれ、香港取引先の契約不履行で

日本テレホンが取立不能のおそれ、香港取引先の契約不履行で

ジャスダック上場で中古モバイル機器の買取・販売を手掛ける「日本テレホン」は、保有する債権について取立不能または取立遅延のおそれが生じたことを明らかにしました。

これは、取引先の貿易業「AD CHIDI」(香港)とのスマートフォン5000台の購入契約において、保証金を前払いしたにもかかわらず商品の検品が出来ない状態に陥っていることから、契約不履行により保証金の返還を求めているものの実行されず、また、商品の引き渡しも実施されてないための措置で、債権額は前渡金45万ドル(約4862万円、2015年4月期第1四半期末の純資産に対し5.3%相当)の見込みです。

なお、当該債権については、2015年4月期第2四半期決算において引当処理を行うとのことです。

債権の取立不能または取立遅延のおそれに関するお知らせ:日本テレホン

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事