不景気.com > 赤字決算 > KNT-CTの14年12月期は純損益17億円の一転赤字へ

KNT-CTの14年12月期は純損益17億円の一転赤字へ

KNT-CTの14年12月期は純損益17億円の一転赤字へ

旅行会社の「近畿日本ツーリスト」を傘下に持つ東証1部上場の持株会社「KNT-CTホールディングス」は、2014年12月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が17億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2014年12月期通期連結業績予想:KNT-CTホールディングス

売上高営業損益純損益
前回予想 4640億円 43億円 19億円
今回予想 4374億円 26億円 △17億円
前期実績 4482億7300万円 38億8500万円 18億6300万円

「クラブツーリズム」との経営統合に伴い、個人旅行事業のインターネット販売へのシフトなど構造改革を進めているものの、収益への反映に時間を要していることから売上高は想定を下回る見込みで、また、のれんの減損損失として21億7700万円の特別損失を計上するため、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:KNT-CTホールディングス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事