不景気.com > 国内倒産 > 茨城のパチンコ店経営「金馬車」が会社更生法を申し立てられる

茨城のパチンコ店経営「金馬車」が会社更生法を申し立てられる

茨城のパチンコ店経営「金馬車」が会社更生法を申し立てられる

茨城県日立市に本拠を置くパチンコ店経営の「金馬車」は、12月26日付で債権者から会社更生法の適用を申請されたことが明らかになりました。

1954年に創業の旧・金馬車は、茨城県を中心に「パチンコ金馬車」の店名でパチンコ店を多店舗展開していたものの、パチンコ業界の規制強化や競争激化に伴う客足の減少で業績が悪化したため、今年8月には水戸地方裁判所へ民事再生法の適用を申請していました。

その際、営業継続を目的として会社分割により新・金馬車へ事業を譲渡し、旧会社は「大鳥」へ商号を改称し事後処理を進めていたものの、民事再生手続において債権者との協議が難航したため、債権者から会社更生法の適用を申請されたようです。

パチンコの「金馬車」、債権者から会社更生申し立てられ(東京商工リサーチ) Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事